和白干潟へようこそ!


第4回ガタレンジャー 海の広場でカニを考える

開催日時:8月17日(日)14:00〜17:00(大潮/干潮:16:56/47cm)
集合場所:和白干潟・海の広場(東区和白4丁目6-8)
参加者:小・中学生13名。高校生10名。保護者8名。スタッフ6名。計37名

▼オリエンテーション
4回目のガタレンジャーは、海の広場南側のアシ原周辺と干潟の調査です。アシ原などに入って調査を行う高校生主体のアドバンスチームと、海の広場前面干潟の生きもの調査を行う、小学生中心のビギナーチームにグループ分けをしました。藤井先生(干潟の専門家)はコメツキガニをたくさん採取してオスとメスではどちらが大きいのかを調査するミッションを提案しました。

▼アドバンスチームは、藤井先生のもと、海の広場南側のアシ原周辺へ。普段は足を踏み入れることのない場所に入ることに戦々恐々でした。
まずは、唐の原川右岸まで移動して主にアシ原の中や水際を調査しました。アシ原の中の泥をすくって匂うとうっすらと発酵臭(イオウのようなにおい)がしました。藤井先生によると、堆積した植物が発酵してこういう匂いを出すのだとか。また、朽ちた木の下のカニや小さなカワザンショウ貝の仲間などを探しました。いつもなら見逃してしまうような小さな小さなカワザンショウ貝、藤井先生がいるからこそ知ることができるガタレンジャーアドバンスならではのフィールドワークです。その後は、普段は危険なので入ることのないアシ原の奥一帯に広がる淡水の流れ込む湿地帯にも入りました。アシをかきわけて入るとそこには淡水田がありました。中高生ならではの探検でした。オオカヤツリグサの群落のあるこの湿地帯は和白干潟の生態系を支える重要な環境であることをしっかり学べたのではないでしょうか。
この淡水田に深くイボったガタレンジャーが二人いました。合歓の木の花が終わりかけていました。

▼ビギナーコースは干潟に出ました。いきなりコメツキガニやマメコブシガニ、ウミニナの観察で足が止まってしまいましたね。ゴカイの糞で干潟浄化の説明をしたり、アオサなどの海藻の中にもたくさん生き物が隠れている様子を観察しました。ヒラムシや緑色のヨコエビなども見ることができました。少し沖の泥を振るってバケツで持ち帰り、海の広場でピンセットを使って小さな生きモノ探しもしました。チロリやツツオオフェリアなどを見つけました。ハゼをたくさん捕まえてきてくれた親子もいましたね。初めは何もいないようにしか見えない干潟ですが、泥を掘ったり海藻の中を見よくるとたくさん生き物がいることを体感できたのではないでしょうか。

コメツキガニは比較して見るとオスの方が大きいようでしたね。ミッション達成。

〈確認した主な生物/35種類〉
●カニ・エビ類
・ガザミ ・コメツキガニ ・アシハラガニ ・クロベンケイガニ ・ユビアカベンケイガニ ・オサガニ ・ヤマトオサガニ ・ケフサイソガニ ・マメコビシガニ ・テッポウエビ ・イソスジエビ ・ヤドカリの仲間 ・ヨコエビの仲間
●カイ類/巻貝など
・ウミニナ ・ホソウミニナ ・アラムシロガイ ・カワザンショウガイの仲間 ・ホトトギスガイ ・アメフラシの仲間
●カイ類/二枚貝など
・アサリ ・オキシジミ ・ユウシオガイ ・ヒメシラトリガイ
●ゴカイの仲間
・コケゴカイ ・ミズヒキゴカイ ・イトゴカイ ・チロリ ・ツツオオフェリア
●魚類
・スジハゼ 他
●植物
・アシ ・オゴノリ ・アオサ ・ボウアオノリ ・オオカヤツリグサ ・合歓の木 ・ススキ


和白干潟の子供調査隊・ガタレンジャー2019 募集中!!

●募集要項
・小学4年生以上~大学生(保護者同伴歓迎します)
・参加無料。交通費、保険、調査用具は準備します。
・なるべく多くのプログラムに参加できる方。
・メール、電話でお気軽にお問い合わせください。
 ※募集/随時(お試し参加もOKです)

 

和白干潟の子供調査隊・ガタレンジャー2019              

 

この3年間でガタレンジャーは、なんと142種類の生き物たちと出会いました。


2019年の活動とスケジュールについては、城東高校のガタレンジャーが企画してくれました。


和白干潟にいるカニの生態とその環境の違いなどを集中的に調査します。20種類くらい見つけましょう! そして、そんなカニたちの周りにどんな生き物がいるのかも調べます。楽しみです。

 

【2019ガタレンジャーの目標】 

◎出来るだけ多くのカニとそのカニが確認された地点の周辺の生物を観察、記録する。

◎これらのデータをまとめ、和白干潟におけるカニの多様性と分布を調べる。

※具体的な調査の方法などについてはオリエンテーションの時に詳しくご紹介します。

 

【2019ガタレンジャーのスケジュール】
※天候や状況によって変更になる場合もあります。 

済 1回目 5月12日(日) 10:00〜13:00

活動内容/オリエンテーション(自己紹介・活動目標・班決め・和白干潟とは)&干潟散歩

集合場所/香住ヶ丘公民館

 

済 2回目 6月16日(日) 13:00〜16:00 

活動内容/人工海浜&あいたか橋周辺の生き物観察   

集合場所/香住ヶ丘公民館


天気にも恵まれ、いい観察、記録ができました。

済(予定日変更) 3回目 7月14日(日)13:30〜16:30 

活動内容/コメツキガニ&周辺の生き物観察  

集合場所/和白公民館

 

済 4回目 8月17日(土) 14:00〜17:00  

活動内容/海の広場周辺のカニを中心とした生き物観察 

集合場所/和白干潟・海の広場

 

◎5回目 9月16日(月・祝) 13:30〜17:00    

活動内容/ハクセンシオマネキ&周辺の生き物観察  

集合場所/和白公民館

5回目のガタレンジャーは、9月16日(月)13:30に和白公民館に集合です。

集合場所:和白公民館(東区和白3丁目28ー31) TEL 092-606-3001

・観察場所が変更になります。

和白川河口周辺とお知らせしていましたが、五丁川河口に変更になります。

1km以上距離が遠くなるので、公民館から車で移動します。五丁川河口には駐車できる空き地があります。

車で来られていない方は、相乗りで協力し合いましょう。

 

観察する生き物は、護岸にいるフタバカクガニやカクベンケイガニ、ハクセンシオマネキ、いろんなゴカイ類、イソギンチャクなどです。

 

◎6回目 10月13日(日) 13:00〜16:00  

活動内容/アシハラガニ&周辺の生き物観察  

集合場所/和白干潟・海の広場

 

◎7回目 11月17日(日) 13:00〜16:00

活動内容/ガタレンまとめ(これまで見つけたカニ・測ったデータを踏まえた考察)

集合場所/和白公民館

●ガタレンジャーの活動って?
・ガタレンジャーの使命は2つあります。 ひとつは、泥を掘ったり、水の中を観察して、生きものたちとたくさん出会い、学ぶこと。もうひとつは、和白干潟の面白さや、環境の大切さをみんなに伝えることです。

申込・お問い合わせはこちらから

申込の際には、以下の情報を添えてお問い合わせから送ってください。
・保護者の氏名
・住所
・連絡先(E-mail、電話番号)
・参加者(ガタレンジャー)の氏名、年齢
・学校名
・長靴のサイズ
・ガタレンジャーの情報をどこで知りましたか?


和白干潟のプロモーション映像ができました



UNDB-J認定連携事業(第10弾)に認定されました

ウエットランドフォーラムの取り組み「福岡市・博多湾の和白干潟をフィールドに、子どもたちの調査チームをつくり、干潟の生きもの紹介や魅力を発信する。和白干潟を啓発できる子どもレンジャーの育成」が、UNDB-J認定連携事業(第10弾)に認定されました。


国連生物多様性の10年日本委員会 認定連携事業 第10弾(2017.3)